実録ドイツワーホリ体験記⑪「サウナ2週目終了ここからは快楽タイム突入だ!!」

セイジ
セイジ

こんにちはセイジです。

今回は私のドイツワーホリの体験談を記載して

いきたいと思います。

前回

2週目終了の合図を聞き前の人にならって部屋を出る。

目指すはシャワーの部屋アウフグースを耐え抜いたメンバーの後に続き一回目と同じく皆裸の行進ですがもうこの時は皆が裸のことは全く気にならなかったです。

私の番が回ってきてついに待望のシャワータイムの瞬間一回目よりもつらい戦いだったので一回目以上にシャワーが気持ちい~そしてそこから次のプールタイムに突入~。

このプールタイムも普通は慣れるもので一回目の快感は越えないと思っていましたが、あっさり越えてきて最高の開放感を感じながら皆と同じように平泳ぎで泳ぎます。

(基本的に泳ぐスタイルは平泳ぎしか駄目なようです)前回も言いましたがサウナ終わりに裸で広いプールを泳ぐのは最高に気持ちいい!!)

途中で先行していたケイラーが壁にもたれてながら私を呼びました

(プールは深いので泳がない場合壁を使った方が楽です)

私も壁にもたれるとケイラーが

ケイラー
ケイラー

今日は次でラストサウナだよ参加する?

と聞いてきたのでプールタイムで気持ちが上がっていたことと折角なので

セイジ
セイジ

参加する

とケイラーに伝えるとケイラーは笑顔で多分ですが頑張ろうというような言葉をくれました。

直ぐにリアも泳いできたのを見つけ呼び止め話をして次のサウナタイムの為に自由行動となり体の熱を冷ますとプールから上がり水分補給(施設によって飲食物の持ち込みOKな所とダメな所と違いがあるのですがおそらくこの施設は持ち込みダメだと思います。しかしケイラーは更衣室なら大丈夫だと言って更衣室で駅で購入した水を飲んでいました。)

をして今度はデッキチェアでなくドイツへきて毎日シャワーだったのでさっきリアが気持ちよさそうに入っていた温泉に入ろうと思っていま空いている温泉を探しました。

デッキチェアより温泉の方が人気がないようで先ほどリアが使っていたジャグジーのような温泉に入ることにしました。

リアと同じようにバスローブを脱ぎバスタオルと同じ所の服をかける所にかけてその下に脱いだサンダルを置き温泉に入りました。

日本と違い温泉はぬるくだいたい35.6°ぐらいのようでしたが、ドイツに来てからはシャワーだったので、久しぶりに体を温泉につけプールとは違う気持ちよさを堪能しました。

基本的サウナでは皆静かに入るんですが、温泉では会話している人達もいますので会話OKですサウナ内では話をすると注意を受けるようです。カップル等もサウナ内では静かに入っていますがこういった湯舟では彼氏の上に乗り彼氏は彼女の胸に手を当てていたことがありこれにはびっくりしました)

デッキチェアと同じく時間が過ぎるのが早く感じもう最後のサウナタイムが迫っていることに気づき2回目と比べるとちょっと疲れていましたが、これまでのサウナ内容だと頑張れると判断し温泉から上がりトイレに行きもう一度更衣室に戻り水分補給をし体を万全にして本日最後のアウフグースサウナタイムへ向かいました。

ちなみになんですがこの最後のサウナ室に向かう途中偶然にもケイラーと出会いましたなんと彼はサウナー室から出てきてシャワーを浴びていました。(おそらくこの施設のサウナ全てを体験)

これには経験を積んだ現時点の私でも2回アウフグースサウナに行ってそれで帰る前ならともかく今から3回目に行くのにサウナへ行くのは凄いなあと思いました。この時は下半身に立派なな物を持っているだけあって強いのかと思ってしまいました。

私はドイツ人で一番最初に見たのがケイラーの下半身だったのですが、立派な下半身にドイツ人はデカイのかなと思いましたが当然ですが人それぞれで何人かのを確認しましたが皆それぞれでした。

セイジ
セイジ

ここまでの閲覧ありがとうございます。

ドイツワーホリやドイツ生活にご質問があれば、現在ドイツのデュッセルドルフで生活しています私セイジがお答えできることであれば喜んでお答えさせていただきますので遠慮なく連絡してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です