実録ドイツワーホリ体験記⑦「初体験ドイツのSPA②」

セイジ
セイジ

こんにちはセイジです。

今回は私のドイツワーホリの体験談を記載して

いきたいと思います。

前回

3人がバスローブを身に着け準備完了すると

ケイラー
ケイラー

先ずはシャワーを浴びるよ

と言って歩き出しました。私とリアは後に続いてついて行きました。途中プールやサウナ室から裸の男女が出てきたりしました。

あまりにも自然と堂々としているので若い男女が全裸でうろついているのに不思議といやらしい気持ちにはなりませんでした。

確かにこれに慣れてくるとSPAで興奮するような男性が追い出される意味がわかったような気がしましたが、この時はまだドイツサウナに馴染んでいないことをわからせるように、シャワー室に着いた時私の目の前でケイラーとリアがバスローブを脱ぎ入口にハンガーのようなものがあるのでそちらにバスローブとバスタオルをかけてサンダルのみを身に着けてシャワーを浴びに行きました。

他の人と違って知っている人の裸は少し思うことがあり危なかったですが、耐えて私も遅れることなく同じように堂々と隠さずにシャワーを浴びました。

(ケイラーに変に体を隠すと病気持ちや何かあるんじゃないかと思われ注目を浴びるから隠してはダメと言われたので堂々としていました。不思議と皆がそうなので私は最初から恥ずかしいということはなかったです)

堂々たる全裸状態のケイラーとリアと一緒にシャワーを浴びバスタオルで体を拭いた後バスローブを纏い

ケイラーとリアが張り切って掲示板に書かれている時間と場所を確認している.

セイジ
セイジ

なんの確認をしてるの?

ケイラー
ケイラー

アウフグースが行われる時間を確認しているのさ

アウフグースについてですがネットで調べたことをそのままの説明ですが、日本でも結構あるらしいロウリュウ「サウナストーンに水をかけ蒸気を発生させる」にアウフグースとは、 ロウリュを行なった後に、立ち昇った蒸気をタオルなどであおぐ行為らしいです。ドイツ発祥で、「アウフグース」とはドイツ語であり、日本ではアウフグースのことを「熱波」と呼ぶサウナ施設もあるようです。

時間を確認後30分で始まるようなので

始まるまで施設内を歩き説明してくれました。

始まる五分前ぐらいにアウフグースが行われる

サウナ室に到着しました。

サウナがいよいよ近づいてきたのでドキドキしてきました。

私は日本のサウナにもあまり多くは入ったことはなかったので不安がありました

僕はケイラーに気になっていたことを質問した。

セイジ
セイジ

サウナ経験が少ないんだけど大丈夫かな?

ケイラー
ケイラー

アウフグースは15分前後くらいで終わるからパフォーマンスを楽しんで観ていれば終わるよ

リア
リア

耐えられなかったらいつ出て行っても大丈夫だよ、ただしこのアウフグースのイベント中は始まってからの入室は駄目だから注意してね

二人の助言でいつリタイアしても大丈夫ということを聞き安心しました。

まあ10分ぐらいなら耐えれると思いアウフグースを体験しようと思いました。

アウフグースは人気らしくサウナ室の直近のバスローブをかけるハンガーは一杯にバスローブとサンダルが置いてあったので私達は離れた所にバスローブとサンダルを脱いで全裸にバスタオルを手に抱えケイラー、リアと一列でサウナ室に向かったので私も後ろについて行きました。

不思議なもので全裸での行動にも慣れてきて何も恥ずかしいとかいやらしい環境ではなかったです。

セイジ
セイジ

ここまでの閲覧ありがとうございます。

ドイツワーホリやドイツ生活にご質問があれば、現在ドイツのデュッセルドルフで生活しています私セイジがお答えできることであれば喜んでお答えさせていただきますので遠慮なく連絡してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です